with the beatles

ここでは、「with the beatles」 に関する記事を紹介しています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【Side A】
It Won't Be Long イット・ウォント・ビー・ロング
All I've Got To Do オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ -
All My Loving オール・マイ・ラヴィング
Don't Bother Me ドント・バザー・ミー
Little Child リトル・チャイルド -
Till There Was You ティル・ゼア・ウォズ・ユー
Please Mister Postman プリーズ・ミスター・ポストマン(マーヴェレッツのカバー)
【Side B 】
Roll Over Beethoven ロール・オーバー・ベートーヴェン
Hold Me Tight ホールド・ミー・タイト -
You Realy Got A Hold On Me ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー - (スモーキー・ロビンソン&ミラクルズのカバー)
I Wanna Be Your Man アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン
Devil In Her Heart デヴィル・イン・ハー・ハート (ドネイズのカバー)
Not A Second Time ナット・ア・セカンド・タイム
Money (That's I Want) マネー(バレット・ストロングのカバー)


ウィズ・ザ・ビートルズ(With the Beatles)は、ビートルズの2枚目のアルバムで、ファースト・アルバムから4ヵ月後にレコーディングされ1963年後半にLPレコードとしてイギリスでリリースされた。

8曲がオリジナル(ジョージ・ハリソンの最初の曲「ドント・バザー・ミー」も含まれる)で、6曲がカバーで、ほとんどがモータウンとR&B。アルバムはアメリカでは『ミート・ザ・ビートルズ』『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』に分解してリリースされ、含まれる曲も異なった(2つのアルバムにはビートルズがアルバムに入れないという方針でリリースしていたシングル曲も含まれていた)。

前作『プリーズ・プリーズ・ミー』のレコードジャケットは、いかにもアイドルグループのジャケットという感じであったが、この作品では、彼らの顔に片側からライトを当てて、光の当たらない側半分を影にして撮影するという画期的な手法(通称:ハーフ・シャドウ)が用いられた。 このジャケット写真を撮影したのはロバート・フリーマンであるが、後にこの撮影方法のアイディアは、ビートルズがドイツ巡業時代に知り合った友人のアストリッド・キルヒヘルのアイディアであることが判明した。 このアルバムジャケット以降、レコードジャケットがアート作品として注目されるきっかけになり、『アビイ・ロード』のジャケット同様、多くの模倣やパロディを生んだ。ヴァン・ヘイレンのアルバム『OU812』も同じ手法で撮影されたジャケットを用いている。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boogieboys.blog45.fc2.com/tb.php/16-d303b939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。